無料来場お申し込みはこちら

AWS Dev Day Tokyo 2017(Day2: 5/31 ~ Day4: 6/2)

例年好評をいただいている Developers Conference。今年は更に規模を拡大し「AWS Dev Day Tokyo 2017」として開催します。3 日間で合計 30 セッションを準備しており、 デベロッパーの皆様に AWS 上でのアプリケーションの実装方法をはじめ、アプリケーションやオペレーションにフォーカスした技術的な内容、またアーキテクチャ、実装コード、開発やテストの方法論、デモなど具体的な内容をご紹介します。

鈴木 雄介 氏

グロースエクスパートナーズ株式会社
アーキテクチャ事業本部 執行役員

〜マイクロサービスを設計する全ての開発者に送る〜クラウド時代のマイクロサービス設計徹底解説!

Dev Dey トラック 2 5 月 31 日(水) 13:20 ~ 14:00

システムの柔軟性を向上させるにはサービス間連携をベースにしたシステム構成、いわゆるマイクロサービス的な発想が重要です。では、システムをいかに分割し、いかに連携させていくのがよいのでしょうか?本セッションでは、ドメインや業務などのビジネス観点と性能やセキュリティなどの技術的制約を組み合わせて、適切な粒度と結合度を導くための分割と連携の設計指針について考えていきます。AWS には多くの選択肢があるのです。

和田 卓人 氏

タワーズ・クエスト株式会社
取締役社長

[タワーズ・クエスト] Serverless 時代のテスト戦略(仮)

Dev Day トラック 1 6 月 2 日(金) 15:20 ~ 16:00

Serverless 時代においても、自分のコードにテストは書きたいものです。まだベストプラクティスが確立されていない Serverless 時代のテストを考えていきます。

こんな方はぜひご参加ください

デベロッパー・開発者の方

「AWS Dev Day Tokyo 2017」特別会場では、アプリケーション開発やデプロイ環境に特化したテクニカルセッションや、ユーザー企業様による事例紹介セッションをご提供します。アプリケーション開発・運用をもっと効率的に行いたいデベロッパーの皆様はぜひご参加ください。

無料来場お申し込みはこちら

タイムテーブル

Dev Day トラック

Microservices、DevOps、IoT、Deep Learning など最先端のテーマにフォーカスした、開発者の方向けのトラックです。実際に各種 AWS サービスを活用して開発を行われているエンジニアのお客様による事例紹介セッションも多数ご用意しております。

Serverless Evolution

AWS Lambda を用いたマイクロバッチ処理やログ解析基盤をはじめ、フルマネージドでスケーラブルなサービスを活用し幅広い領域で活用されています。プラットフォームベンダー、エコシステムベンダー、フレームワーク利用者、アプリケーション開発者、DevOps担当など、イベントドリブンでフルマネージドな環境を利用したい方々の参加をお待ちしております。

開催概要

AWS Dev Day Tokyo 2017

AWS Dev Day Tokyo 2017

2017 年 5 月 31 日(水)~ 6 月 2 日(金) 受付開始 9:00~ セッション 13:20~

品川プリンスホテル アネックスタワー 5F プリンスホール 来場無料(要事前申し込み)