チケットのご確認・印刷方法はこちら

Dive Deep Day(Day1: 5/30)

AWS Summit Tokyo 2017 は終了しました。たくさんのご来場ありがとうございました。

今年の「AWS Summit Tokyo 2017」では、新たな取り組みとして Day1 を「Dive Deep Day」とし、グランドプリンスホテル新高輪 国際館パミールにて、メディア、金融、製造業、公共機関等、業種やソリューションに特化した様々なシンポジウムにてスペシャルトラックをご提供します。また、AWSome Day やブートキャンプ等、技術者向けのトレーニングプログラムもご用意。各種クラウドに関する最新情報収集やナレッジの深淵にご活用いただけます。

※ AWS Summit Tokyo 2017 のお申し込みに加え、下記イベント・シンポジウムごとに別途お申し込みが必要です(一部招待制)。

 

AWS DevOps Challenge

クラウドベースのワークロード、トラフィックの急増や悪意のある攻撃にも耐えられるシステムの構築に興味はありませんか? AWS DevOps Challenge は主催者より参加者の皆さんに、"ある"AWS 環境を払い出します。皆さんは払い出された環境を、どんなワークロードにも耐えられる環境へと進化させ、その処理能力を競うコンテストです。参加者の中で最も優れた進化させたチームがチャンピオンになります。クラウド ネイティブの世界にご興味のある方はぜひご参加ください。席に限りがあるため、定員を上回るお申込みがある場合は抽選とさせて頂きます。予めご了承ください。では、AWS DevOps Challenge でお会い出来ることを楽しみにしています。Happy AWS!!!

対象:AWS を既にお使いの方、パフォーマンスチューニングや様々なことが起こる環境で効率的にアクセスをさばく環境に興味がある方、クラウドネイティブな環境に興味ある方


※ お申し込み多数につき受付終了いたしました。

AWS メディア業界シンポジウム

映像業界におけるクラウドの活用が進化しています。 動画配信のみならず、アーカイブ、レンダリング、デジタルサプライチェーン、データ分析、プレイアウト等に適応分野が拡大しています。 本シンポジウムでは、クラウドを先進活用されているお客様より、映像業務における最新活用事例を発表いただきます。あわせて、4 月の NAB で Amazon/Elemental が発表する最新テクノロジー、そして 3 月に買収した Thinkbox Software 社の最新情報をご紹介します。

対象:放送局、ポストプロダクション、CG スタジオ、ケーブルテレビ局、等の映像業界の方


※ お申し込み多数につき受付終了いたしました。

金融サービス シンポジウム

金融サービスにおけるクラウドの活用が本格化しています。国内外の金融機関やフィンテック企業が AWS クラウドを活用を通じて、いかに安全かつ低コストな IT インフラストラクチャーを構築しているのか、そして、それをビジネス課題の解決、イノベーションの加速に繋げているのか、多彩なゲストスピーカーの講演を通じてご紹介します。

対象:金融機関、フィンテック企業、金融機関向けに IT サービスを提供する企業の方


※ お申し込み多数につき受付終了いたしました。

Windows シンポジウム

本格化する基幹システム、業務システムのクラウドへのマイグレーション。この領域では Windows ベースのアプリケーションが非常に多いと感じております。Active Directory、.NET + SQL Server、 SharePoint Server, 各種パッケージアプリケーションと多くのお客様が Windows ベースのアプリケーション、システムをご利用中かと思います。本シンポジウムでは、AWS での Windows アプリケーションの実装、展開、運用管理、またライセンスの有効活用などに関してお客様事例、パートナー様がお持ちのノウハウ、アーキテクチャセッションなどあらゆる領域をカバーしてご紹介します。オンプレミスの Windows ワークロードに関してクラウドへのマイグレーションをご検討されている方はぜひご参加ください。

対象:エンタープライズの情報システム部門の方


※ お申し込み多数につき受付終了いたしました。

パブリックセクタ― シンポジウム

企業におけるクラウド利用が本格化しつつある中、公共機関においても AWS を活用することで、市民サービスの向上、科学分野での躍進、イノベーションの推進、重要業務の効率化とコスト削減等、大きな価値を創出する事例が増えてきています。本セッションでは、公共機関のお客様に対するAWS公共部門の取り組み、なぜ公共機関で AWS が選択されるのか、そしてお客様は AWS で何を実現しているのか、について、ユースケースセッションもを交えてわかりやすくご紹介します。

対象:政府、教育機関、および非営利組織のお客様、並びに公共機関を担当する AWS パートナー企業の方


※ お申し込み多数につき受付終了いたしました。

AWSome Day Tokyo

「AWSome Day」は、AWS クラウドジャーニーのはじめの一歩として、AWS に関する基礎知識を 1 日で体系的に学ぶ無償のトレーニングイベントです。AWS テクニカルインストラクターが主導するセッションを通じて、コンピューティング、ストレージ、データベース、ネットワークといった AWS のコアサービスを段階的に学ぶことができます。通常 1 日 700 ドルで提供している AWS の基礎トレーニングコース「AWS Technical Essentials 1」から、ハンズオン演習問題を除いた座学セッションを無償でご提供します。より理解を深めて頂くために、AWS 製品を実際に使いながら新しいスキルを習得できるセルフペースラボセッション(5/31 ~ 6/2 開催)もぜひご活用下さい。セルフペースラボの詳細はこちら ≫

対象:AWS のご利用を始めて間もない方、AWS のご提案に必要な基礎知識をこれから習得したい方


※ お申し込み多数につき受付終了いたしました。

製造業 クラウド シンポジウム【招待制】

クラウドの活用が幅広い業界で進む中、製造業においても、グローバルな競争に勝ち抜くための次世代の製造業を考えるという大きなうねりが起こっております。今年の新たな試みとして、現在製造業界で進む IoT などを利用したデータの活用や HPC 活用など、製造業の業務における AWS の活用に関して、業界特化のスペシャルトラックをご提供します。

対象:製造業の LoB を中心に、業務でのクラウド利用を考えている企業の方、これから導入を考えている事業部門の部門責任者、リーダーの方(招待制)

AWS エンタープライズ クラウド シンポジウム【招待制】

消費者ニーズの多様化やデバイス群の発達により、そこから得られるデータは劇的に増えてきました。 一方で AI や VR といった新たな技術の登場によりデジタルトランスフォーメーションは黎明期の段階を迎えました。本シンポジウムでは、Amazon がデジタルイノベーションを早いペースで実現してきた、その底流にあるカルチャー、クラウドや AI、VR といった Super Power を手にすることで実現するデジタルトランスフォーメーション、ユーザーエクスペリエンス向上のヒントとなる事例や最新のテクノロジーを余すところなくご紹介します。

対象:流通・小売・サービス業の方(招待制)

 
 

開催概要

Dive Deep Day

2017 年 5 月 30 日(火) 開始時間は各イベント/シンポジウムによって異なります。

グランドプリンスホテル新高輪 国際館パミール 来場:無料(要事前申し込み、一部招待制)