チケットのご確認・印刷方法はこちら

AWS Summit Tokyo 2017(Day2: 5/31 ~ Day4: 6/2)

AWS Summit Tokyo 2017 は終了しました。たくさんのご来場ありがとうございました。
セッション資料・動画を公開中! 詳細はこちら ≫

今年の「AWS Summit Tokyo 2017」では、基調講演に加え、大企業から中小企業まで幅広いお客様事例、ユースケースセッション、AWS の最新テクノロジー動向をご紹介するセッション等、全 6 トラック、90 セッション以上をご提供いたします。ビジネスにおいて AWS がどのようなメリットのもと導入・活用されているのかが分かるだけでなく、最新のサービスに関する疑問、活用ポイントが解決できる 3 日間をご提供します。

坂東 聖博 氏

株式会社ソニー・インタラクティブエンタテインメント
システム/ネットワークエンジニアリング&オペレーション部門
NPS運用部 システムオペレーション課

PlayStation™Network のフレンド機能「Friendlist」の AWS 移行事例

導入事例トラック 1 6 月 1 日(木) 14:20 ~ 15:00

2006 年にサービスが開始された PlayStation™Network ですが、当初はもちろん全てのサービスがオンプレミス環境で稼働していました。現在でもまだ多くのサービスがオンプレミスで稼働していますが、本講演ではその中の 1 機能「Friendlist」について、MySQL から Amazon DynamoDB へのリプレイスを含む移行の手法について運用の観点からご紹介します。

井宮 大輔 氏

ソニーモバイルコミュニケーションズ株式会社
IoT ビジネスグループ ビジネスプラットフォーム部
サービスシステム課 課長

スマートホームシステムの開発 〜AWS を活用した新規サービスの立ち上げ〜

導入事例トラック 2 6 月 2 日(金) 16:20 ~ 17:00

新規サービスは受容性が分からないため契約者数の予測が難しく、初期開発投資をなるべく抑え素早く市場に投入することが要求されます。上記を実現すべく、スマートホームシステム開発では AWS を最大限に活用しました。本セッションでは、システム開発において直面した課題と、それを AWS IoT などのサービスを用いていかに解決したかについてご紹介します。

John Winford

Sr. Technical Program Manager, Database Migration Service
Amazon Web Services, Inc.

データベースの近代化:シンプルなクロスプラットフォーム、最小のダウンタイムで実現するクラウド移行

AWS Techトラック 1(中級) 5 月 31 日(水) 18:20 ~ 19:00

AWS Database Migration Service は、オンプレミスや Amazon EC2 上のデータベースから Amazon RDS, Amazon Redshift, Amazon Aurora, Amazon DynamoDB などへ最小のダウンタイムで移行するためのサービスです。本セッションでは、同一エンジン(例:PostgreSQL から PostgreSQL)や異種エンジン間(例:Oracle から Amazon Aurora)での移行手法について解説します。また、Oracle や SQL Server から MySQLや MariaDB, Aurora など、また各種 DWH から Amazon Redshift へスキーマを移行する工数と時間を削減する Schema Conversion Tool についても解説します。
※ 同時通訳あり

Khawaja Shams

AWS Elemental
エンジニアリング担当バイスプレジデント

未来へのつながり:史上初・宇宙からの 4K ライブストリーミングを実現させたテクノロジーとワークフロー

AWS Techトラック 1(初級) 5 月 31 日(水) 18:20 ~ 19:00

2017 年 4 月 26 日午前 10 時 30 分(米国太平洋時間)、NASA は、遥か地上 450 キロにある国際宇宙ステーション(ISS)から、超高精細解像度の映像ストリームをリアルタイムで地球上の視聴者に届けるという、地球史上初めての実験を公の場で成功させました。鮮明な映像がリアルタイムで地上の研究班に届けられることで、より精確な調査が可能になり、また世界中で宇宙での出来事や実験内容を一緒に体験することができるようになります。本セッションでは、この NASA の成功を支えた、AWS と AWS Elemental のクラウド映像ソリューションについてご説明します(国内一般初公開)。
※ 同時通訳あり

こんな方はぜひご参加ください

これからクラウド活用を検討する方

これからクラウドの基礎から理解したいとお考えの方、またはクラウドの導入をご検討中の皆様に、各種 AWS サービスのご紹介や、実際にクラウドを活用されているユーザー企業様による事例紹介セッション通じて、AWS クラウドの導入メリットや活用方法をご紹介します。

さらにスマートにクラウドを活用したい方

すでに AWS クラウドを導入済で、さらにクラウドの活用場面を拡大したいとお考えの皆様には、上級レベルのテクニカルセッションや、一歩進んだクラウド活用を実現されているユーザー様をご紹介する事例セッションをご用意しています。クラウドでビジネスにイノベーションを起こしたい方に最適です。

チケットのご確認・印刷方法はこちら

タイムテーブル

基調講演

Day 2(5/31)は、AWS クラウドを活用されている企業の IT Transformation(ITによる変革)についてご紹介します。Day 3(6/1)は、クラウドネイティブな AWS サービスを活用している企業の “Super Powers” についてご紹介します。

導入事例トラック

従来のオンプレミスシステムに代わる IT 変革を軸としたお客様事例や、多種多様な業種や企業規模でのクラウドサービス活用例などをご紹介するトラックです。

AWS Tech トラック 

基礎から上級者まで、AWS が提供する様々なソリューションやその活用例をご紹介する技術中心のトラックです。初級、中級、上級と、レベル別にセッションを選択いただけます。



同時開催イベントのご紹介


※申込多数につき受付を終了いたしました。

※申込多数につき受付を終了いたしました。

オープニング DJ 紹介

田中 知之(FPM)

田中 知之(FPM)

DJ/プロデューサーとして国内外で活躍。 多数のアーティストのプロデュースも手掛けており、リミキサーとしても、布袋寅泰、くるり、UNICORN、サカナクション、THE BPA(FATBOY SLIMことノーマン・クックによるプロジェクト)、Howie B、THE YOUNG PUNX!など100曲以上の作品を手掛けている。「オースティン・パワーズ:デラックス」「SEX AND THE CITY」への楽曲提供の他、村上隆がルイ・ヴィトンの為に手掛けた短編アニメーションの楽曲制作、UNIQLOや資生堂など大手企業のCM音楽、グランフロント大阪など商業施設のBGM制作など活躍の場は多岐に渡る。DJとしては、日本国内はすでに全都道府県を制覇、海外でも約50都市でのプレイ実績を誇る。3枚組オリジナルベストアルバム『Moments』、そして3枚組リミックス&プロデュースワークスベスト『Moments』が好評発売中。
FPMNET »

開催概要

AWS Dev Day Tokyo 2017

AWS Summit Tokyo 2017

2017 年 5 月 31 日(水)~ 6 月 2 日(金) 受付開始・展示エリア 9:00~ セッション 10:00~

グランドプリンスホテル新高輪 国際館パミール、飛天 来場無料(要事前申し込み)