AWS SUMMIT OSAKA

2018 年 6 月 20 日(水)グランフロント大阪

セッション一覧はこちら Web版 » PDF版 »

AWS Summit Osaka 2018 中止のご案内


6 月 18 日に発生しました大阪地震により被災や被害にあわれた皆様へ心よりお見舞い申し上げます。

さて弊社では 6 月 20 日開催予定の AWS Summit Osaka 2018 につきまして、大変多くのお申し込みを頂いており、本日まで実施方向で調整を進めておりましたが、
余震が継続して発生している状況など現地の諸状況を鑑み、皆様の安全を最優先として開催を中止とすることといたしました。

お申し込みいただいた皆様には、前日のご案内となり大変ご迷惑をおかけいたしますこと、深くお詫び申し上げますとともに、
何卒ご理解を賜りますようお願い申し上げます。

日本最大級のクラウドコンピューティングカンファレンス
6 月 20 日(水)グランフロント大阪にて開催!

AWS Summit はクラウドコンピューティングコミュニティーが一堂に会して、アマゾン ウェブ サービス(AWS)に関する情報交換、コラボレーション、学習を行うことができる日本最大級のクラウドコンピューティングカンファレンスです。 AWS Summit は世界 23 ヵ国以上 33 か所以上の都市で開催され、初開催となる大阪では、2018 年 6 月 20 日、グランフロント大阪にて開催します。

AWS Summit Osaka 2018 では、基調講演に加え、大企業から中小企業まで幅広いお客様事例、お客様事例、AWS の最新テクノロジー動向をご紹介するセッション等、全 8 トラック、 30 セッション以上をご提供いたします。ビジネスにおいて AWS がどのようなメリットのもと導入・活用されているのかが分かるだけでなく、最新のサービスに関する疑問、活用ポイントが解決できる 1日をご提供します。また、展示スペースではスポンサー企業様のソリューションの他、AWS や Amazon の最新サービスについても見て、触れて、学べる展示を実施します。

クラウドに関する最新情報と最新実用事例を学び、AWS 利用者との人脈を築くことができるこの機会に、皆様ぜひご参加ください。

What's New

6 月 6 日

AWS Summit Osaka 2018 のお申し込みは終了しました。

6 月 4 日

【お申し込み受付終了間近!】AWS Summit Osaka 2018 のお申し込みは間もなく終了となります。お早めにお申し込みください。
セッション選択・無料来場お申し込みはこちら »

5 月 25 日

AWS Summit Osaka 2018 当日に開催される AWS を実際に使った体験イベントとして、ハンズオンのお申し込み受付を開始しました。 詳細はこちら »

5 月 17 日

下記のセッション情報が追加されました。お早めにお申し込みください。
6 月 20 日 (水) 18:00-18:40 「エンジニアの為の Amazon Pay ベストプラクティス」 アマゾンジャパン合同会社
セッション選択・無料来場お申し込みはこちら »

5 月 16 日

おすすめのピックアップセッションを追加いたしました。 詳細はこちら »

最新情報一覧はこちら »

こんな方はぜひご参加ください

これからクラウド活用を検討する方

これからクラウド活用を検討する方

これからクラウドの基礎から理解したいとお考えの方、またはクラウドの導入をご検討中の皆様に、各種 AWS サービスのご紹介や、実際にクラウドを活用されているユーザー企業様による事例紹介セッション通じて、AWS クラウドの導入メリットや活用方法をご紹介します。

クラウド活用をさらに拡大したい方

クラウド活用をさらに拡大したい方

すでに AWS クラウドを導入済で、さらにクラウドの活用場面を拡大したいとお考えの皆様には、上級レベルのテクニカルセッションや、一歩進んだクラウド活用を実現されているユーザー様をご紹介する事例セッションをご用意しています。クラウドでビジネスにイノベーションを起こしたい方に最適です。

デベロッパー・開発者の方

デベロッパー・開発者の方

アプリケーション開発やデプロイ環境に特化したテクニカルセッションや、ユーザー企業様による事例紹介セッションのご提供を予定しております。アプリケーション開発・運用をもっと効率的に行いたいデベロッパーの皆様はぜひご参加ください。

登壇企業一覧

アクセンチュア株式会社、 株式会社BeeX、 クラスメソッド株式会社、 ダイキン工業株式会社、 株式会社ファーストリテイリング、 特定非営利活動法人エフエム和歌山、 富士ソフト株式会社、 フジテック株式会社、 株式会社ハカルス、 アイレット株式会社、 株式会社イトーキ、 嘉穂無線ホールディングス株式会社、 環境機器株式会社、 日本電気株式会社、 任天堂株式会社、 大阪大学、 株式会社琉球銀行、 株式会社サーバーワークス、 株式会社 Stroly、 株式会社テラスカイ、 株式会社Warrantee(敬称略、社名アルファベット順(A-Z)、順次追加)

基調講演

アマゾン ウェブ サービス ジャパン株式会社 代表取締役社長 長崎忠雄がホストスピーカーを務める基調講演は、ダイキン工業株式会社様、フジテック株式会社様、株式会社 Stroly 様を迎え、AWS クラウドを活用したイノベーションの促進効果を実例をもとにご紹介します。

また、アプリケーション開発および実行環境の進化についても合わせてご紹介します。

長崎 忠雄

長崎 忠雄

アマゾン ウェブ サービス ジャパン株式会社

代表取締役社長

都島 良久

都島 良久

ダイキン工業株式会社
テクノロジーイノベーションセンター
副センター長

友岡 賢二

友岡 賢二

フジテック株式会社
常務執行役員

髙橋 真知

髙橋 真知

株式会社 Stroly
代表取締役社長共同CEO / 共同創業者

Chad Woolf

Chad Woolf

VP AWS Security
Amazon Web Services, Inc.

ピックアップセッション

「AI アナウンサー」によるラジオの再発明


6 月 20 日(水) 13:00-13:40

山口 誠二 特定非営利活動法人エフエム和歌山 クロスメディア局長

エフエム和歌山では、AWS の機械学習サービス「Amazon Polly」を使い、様々なラジオ番組を放送しています。日々ヒトに近づく高品質な音声合成、さらに十分な API をもった Amazon Polly を使えば、自由自在に「声」を操る事ができます。この技術は、これまで「人間には難しかったナレーション」も行う事が可能になります。エフエム和歌山では、「人間には難しいナレーション」を積極的に Amazon Polly で行う事で、リスナーにとって利益の大きい、まったく新しいラジオ放送を開始しています。

特定非営利活動法人エフエム和歌山

グッデイの挑戦 データと向き合えば、気づく未来がある


6 月 20 日(水) 14:00-14:40

光嶋 章 嘉穂無線ホールディングス株式会社 システム部長

宮田 和三郎 株式会社カホエンタープライズ 最高技術責任者CTO

嘉穂無線ホールディングス株式会社は、北部九州・山口に 63 店舗を展開する「グッデイ」を運営しています。嘉穂無線ホールディングスが、IT インフラのクラウド全面移行から見えてきた AWS 活用法についてご紹介します。また、Amazon Redshift と BI ツールを駆使し従来手法の約 1/10 以下(当社比)のコストと期間が実現可能に。データの戦略的活用、経営改革についてご紹介いたします。

嘉穂無線ホールディングス株式会社/株式会社カホエンタープライズ

クラウドストレージアップデート及び、サービス活用のベストプラクティス(同時通訳)


6 月 20 日(水) 16:00-16:40

Ian Perez Ponce Amazon Web Services, Inc. Sr. Business Development Manager

企業規模にかかわらず、さまざまな IT 環境において発生するデータの管理は、容量や求められるパフォーマンス等、ごく一般的な課題となっていますが、それらのデータを戦略的にどこに配置するかによって、企業のイノベーションスピードへの影響だけでなく、それ自体が重要な価値を提供することへの理解はまだ一般的になったとは言えない状況ではないでしょうか。このセッションでは、AWS が提供するすべてのストレージサービスの最新情報・機能拡張をベースとした、サービス利用ベストプラクティスをグローバルな事例と共にご紹介いたします。

Amazon Web Services, Inc.

新 AWS メディアサービス(AWS Media Services)のご紹介(同時通訳)


6 月 20 日(水) 14:00-14:40

Dustin Encelewski  AWS Elemental PM Director-Virt&Mgmt Products

re:invent2017 で発表された、新しい AWS メディアサービスです。本サービスは 5 つのサービスを持ち合わせ、AWS Elemental ビデオ処理技術を持つ、各サービスを組み合わせることで、ライブビデオとオンデマンドビデオの両方で、エンドツーエンドの動画配信ワークフローを簡単に構築できます。さらに AWS の機械学習ソリューションを利用し、メディア資産を有効に活用したサービス展開も期待できます。本セッションでは、AWS メディアサービスの最新情報を、ユースケースを交えてご紹介します。

AWS Elemental

Amazon CloudFront と AWS Lambda@Edge 入門(同時通訳)


6 月 20 日(水) 17:00-17:40

Shubham Katiyar  Amazon Web Services, Inc. Manager, Software Development, CloudFront

時間、場所、デバイスを問わずにエンドユーザに動的、静的、ストリーミングなどの多種多様なコンテツを届けるには、パフォーマンスと柔軟性が求められます。本セッションでは、お客様事例を交えて、CloudFront の仕組みと利用による効果、ベスト・プラクティスと新機能について解説いたします。また、エンドユーザに近いロケーションでサーバーレスのコードが実行可能になる AWS Lambda@Edge を利用したコンテンツ配信のパーソナライズとカスタマイズについてもご紹介します。

Amazon Web Services, Inc.

開催概要

2018 年 6 月 20 日(水)
受付開始 9:00  セッション 10:00 〜 20:00  EXPO(展示スペース) 11:30 〜 18:00



会場: グランフロント大阪(コングレコンベンションセンター)
〒530-0011 大阪府大阪市北区大深町3−1 グランフロント大阪北館 B2F



主 催: アマゾン ウェブ サービス ジャパン株式会社

メディア・取材来場について:メディア・取材でのイベント参加を希望の方は、「AWS Summit Tokyo / Osaka 2018 取材について」と明記の上、awsjp-pr@amazon.com 宛にお申し込みをお願いします。プレス専用席等のご案内を広報担当部門よりご案内させていただきます。

AWS SUMMIT OSAKA

6 月 20 日(水)

グランフロント大阪